JavaScriptの奇異なSyntax

見出し右端の記号は?

Web Page
Booskanium's Tips.
忘れっぽい落書き人のメモ

一見、奇異なコーディングもJavaScriptたる所以です。

JavaScriptの柔軟すぎる構文を理解しておかないと、チンプンカンプンな記号のお化けにしか見えません。

セミコロンは書く、書かない

自分はセミコロンを書く派(習慣として染み付いている)ですが、書かないほうが読みやすい様な気もします。
でもね・・・。最低限のことを知っていればどっちでも良い気がします。
ただ、生半可にセミコロン無しで書くと勘違いを誘発します。
やっぱり、セミコロン無しで書くなら変なところで改行しない。改行した次の行頭に何を書くかでセミコロン自動挿入有無を理解しとく。

returnでオブジェクトを戻したい

returnでオブジェクトを戻したいときに

return
{
a,
b,
}	
							
駄目ですね、これは以下と同義です。
return;
{
a,
b,
}
							
正しくは
return {
a,
b,
}
							
と書かねばなりません。

あれれ、即時実行関数でクロージャーを書きたい

これ即時実行にならない

a = B + C
(function {
	
})()
							
無名関数のクロージャーにしたいのでしょうが、cの次の行の(が結合されて「c()」で関数呼び出しになります。
正しくは
a = B + C
!function {
	
}()
							
と書けば無名関数のクロージャーになります。
クロージャーと書きましたが、クロージャーが何故必要か?
それはプレイベート変数で処理したい場合に用います。JavaScriptの理解が難しい所以です。

詳しくはhttps://blog.tai2.net/automatic_semilocon_insertion.htmlを参照。